痔と「よく似た症状の病気」ってある?

スポンサーリンク

おしりの出血や痛みなどの症状は、痔の顕著な症状だと言われています。
ゆえに、出血や痛みがあっても素人判断をしてしまいがち。

痔特有だと思われている症状でも、痔と同じような症状が出る他の病気という危険性が隠れています。

症状が痔に似ているということで放置したために、病気が悪化して治療に時間がかかることも。

痔からの症状なのか、痔ではない他の病気からの症状なのかは、専門医が診察するとわかるそうです。

痔とよく似た症状の病気を知ることによって、素人判断の怖さにつながればと思い、表にしてみました。

「痔疾患」と「痔以外のよく似た症状と病気」一覧

症状病気
出血内痔核、外痔核、裂肛
潰瘍性大腸炎、クローン病、直腸がん、肛門がん
痛み外痔核、裂肛、肛門周囲膿瘍
ヘルペス、肛門がん
何かがでてくる内痔核
肛門ポリープ、直腸脱
分泌脱肛(内痔核)、痔ろう
直腸脱、膿皮症、粉瘤、毛巣瘻
かゆみ肛門掻痒症、尖圭コンジローマ(尖圭コンジローマは、ほとんど自覚症状はないが痒みが出ることもある)
便が出しにくい直腸膣壁弛緩症、直腸粘膜脱症候群
便が漏れる外傷(肛門の手術、事故、分娩)、脊髄損傷、抹消神経障害

※病気名~黒色の文字 → 痔疾患
※病気名~緑色の文字 → 肛門周囲にみられる痔疾患以外の病気

痔とよく似た病気の症状一覧

病気症状
潰瘍性大腸炎・ 原因不明の消化管の炎症性疾患。
・ 大腸の粘膜(最も内側の層)にびらん(ただれ)や潰瘍ができる病気。
・ 腸に起こる炎症のため、下痢や粘血便(血液・粘液・膿の混じった軟便)、発熱や体重減少などの症状があらわれる。
クローン病・ 原因不明の消化管の炎症性疾患。
・ 大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす原因不明の疾患。
・ 難治性の切れ痔や痔瘻を生じることもある。
直腸がん・ 直腸の消化管粘膜にできる腺ガン。
・ 初期の直腸がんの特徴は出血。それも多量に出血することはなく、常に少しづつ便や粘液に混ざって出てくる。
・ 痔と症状がよく似ているので、受診しないでいるうちに早期治療のタイミングを逃してしまうことが多い。
肛門がん・ 直腸の下端から肛門の縁の皮膚の間にできるガン。
・ 肛門の周囲にできるので外痔核と間違えることがある。
・ 痛みがあるケースが多い。
ヘルペス(帯状疱疹)・ ヘルペスウイルスによるもの。
・ 神経に沿って水ぶくれのようなものができ、ピリピリ&チクチクと神経通なような痛みを感じる。
肛門ポリープ・ 歯状線の凸凹部分の凸(肛門乳頭)が炎症を起こして腫れて大きくなる(ほとんど無症状)。
・ 何度も繰り返すうちに繊維化して、肛門の外に垂れ下がってきたもの。
・ がん化することはない。
直腸脱・ 直腸を固定している筋肉と肛門の括約筋がゆるんで、直腸の下の部分が肛門の外に出てくる。
・ よく脱肛と間違えられる。
膿皮症・ 汗腺が化膿して慢性化したもの。トンネル状の道ができて膿がたまる。
・ 痔ろうと間違えられる。
粉瘤(アテローマ)・ 毛穴に皮脂腺からの脂が詰まり、しこりが生じたもの。
・ これが感染を起こして化膿すると、腫れて膿がたまる。
・ 粉瘤の袋をとらないと何度も繰り返す。
・ 痔ろうと間違われる。
毛巣瘻・ 尾骨の付近(上あたり)に膿瘍ができて化膿して、排膿を繰り返す。
・ 膿瘍はトンネルを形成する。完治させるには膿瘍、瘻管を完全に切除する。
・ 肛門とは無関係の病気。
・ 痔ろうと間違えられやすい。
肛門掻痒症・ 色々な原因で肛門周辺が痒く、かきむしったために皮膚がただれた状態。
尖圭コンジローマ・ パピローマウイルスの感染によって起こる。
・ 小さなイボがたくさんできる。放置しておくと、どんどん広がるので早く治療をする。
直腸膣壁弛緩症・ 直腸と膣の間が弛んで、ポケット状に直腸が膣側へふくらむ状態。
直腸粘膜脱症候群・ 便秘のある人に多く、肛門の粘膜がひどい炎症をおこし排便障害が起こる。

気になる症状があれば、個人がインターネットで調べられる時代になりました。
病気の症状は一人ひとり違いがあります。中には検査をしないと確定診断ができない病気もあります。
ネットの情報による自己診断で安心することなく、医療の専門家である医師の診察を受けた方が安心です。