痔って、どういう病気なの?

スポンサーリンク

痔は肛門周辺のおしりの病気です。
痔と全く無縁の生活を送っている人には、痔といってもピンとこないでしょう。

実際に私も痔とは無縁の生活を過ごしていたときは、痔というのは「おしりにできる腫れもの。おしりが切れること。」くらいの知識レベルでした。

「痔ろうになって、膿がでて痛くてね。手術をした。」という話を聞いても、「Jiro???ジロー???」という感じでしたもの。

肛門部分に、便秘や下痢などの排便異常による無理な負担がかかると、動静脈の血管がうっ血して膨らんだり、肛門上皮が切れたり、肛門線の細菌感染によって膿がでたり、といった様々な症状が起こります。

そのような疾患の総称を「痔」と呼ぶそうです。

痔~3つのタイプ

痔という病気は、3つのタイプに大別されます。

  • 痔核 (内痔核、外痔核、いぼ痔)… うっ血した動静脈の血管が膨らむ。
  • 裂肛 (切れ痔)… 肛門が切れる、裂ける。
  • 痔瘻 (痔ろう、穴痔)… 肛門の中にある肛門線の細菌感染により瘻管ができ膿がでる。

痔の症状と病気

痔という疾患の症状について。

症状病気
出血内痔核、外痔核、裂肛
痛み外痔核、裂肛、肛門周囲膿瘍
脱出内痔核
分泌脱肛(内痔核)、痔ろう