痔核(内痔核、外痔核、いぼ痔)の症状と治療方法

スポンサーリンク

肛門という器官は、複雑でデリケートな構造といわれます。
肛門管は、もともと異なった器官(原始結腸と原始肛門)が、人がまだ母体の中の胎児の時の成長段階でつながってできたもの。

このつながってできた部分は、凸凹とした波型の線のようなので歯状線といい、この歯状線を境にして、直腸と肛門にわかれます。

  • 歯状線から上側(お腹側)が→ 直腸
  • 歯状線から下側(肛門側)が→ 肛門

歯状線の上下には張り巡された静脈があり、肛門が閉じるときのクッションの役割をしています。

この静脈部分が、排便時の強い息みなどの無理な力が蓄積されていくと、うっ血(静脈の血が異常に集まること)を起こし、風船状に膨らみます。これが痔核なんだそうです。

痔核の種類

痔核はできる場所によって、内痔核と外痔核の2種類に大きく分けられます。

内痔核

  • 歯状線より上側(お腹側)の直腸部分にできる痔核を → 内痔核。
  • 肛門内の見えない位置にある。
  • 症状が進行すると肛門の外に出てくるようになる。
  • 内痔核は、痛みの神経のない直腸の粘膜に生じるので、初期の段階で直腸の中にとどまっている限りは痛みは感じない。
  • 内痔核は直腸粘膜下の静脈の集まりで、大きな内痔核のできる場所はその静脈の集まりに血液を供給する動脈に沿っている。

外痔核

  • 歯状線より下の部分(肛門側)にできる痔核を → 外痔核。
  • 肛門のリップ部分(ふち)が腫れたり、膨らんでいるもの。
  • 痛みに敏感な肛門上皮(肛門の外側の皮膚)にできる外痔核は、非常に敏感なため強い痛みを感じる。
  • 外痔核は肛門上皮下のどこにでもできる。

内外痔核(外内痔核)

  • 内痔核と外痔核が混合したもの。

痔核の病状

内痔核の病状の進行度

内痔核どんな状態か
前段階・ 便秘や下痢などの排便異常。
・ 排便時に強く息む。
1度・ 痔核が肛門内で膨らんでいる状態。
・ 排便時に痔核からの出血がある。
・ 痛みはなし。
2度・ 痔核が排便時に肛門外に脱出するが、排便後には自然に肛門内に戻る。
・ 違和感、残便感がある。
・ 出血がある。
3度・ 排便時に肛門外に脱出した痔核が、排便後にも自然に肛門内に戻らない。指などで押し込まないと戻らない状態。(脱肛)
・ 痔核が傷つくと痛む。
・ 息んだ拍子に内痔核が肛門外に出てしてしまうこともある。
4度・ 痔核が常に肛門外に出たままの状態で、押し込んでも戻らなくなった最終段階。(脱肛)
・ 常に脱出している痔核から分泌される粘液で肛門周辺がかぶれることもある。

外痔核の病状

外痔核は、普段は軽度の違和感、あるいは無症状のことが多いそうです。

突然、腫れて&強い痛みを伴う外痔核は、血栓性外痔核。血栓性外痔核は、静脈に血栓(血管内で血液が固まったもの)が生じて起こる外痔核です。

血栓性外痔核の場合、血栓が大きいほど、痛みは激しい痛みとなります。
痛みは1週間~10日ほどで治まり、腫れ(血栓)の大きさにもよりますが、1ヶ月ほどで吸収されます。
※痛みのピークは、血栓ができてから2~3日くらい。

血栓性外痔核の腫れ(血栓)が大きいと、肛門内から内痔核が出てきたようにも見えるので、 内痔核の脱出だと勘違いをして肛門内に押し込もうとすると、さらに痛みが強くなるということなので注意!

内痔核の治療方法

内痔核の病状の進行度による治療方法

進行度主な治療方法
前段階・ 生活習慣の見直し
・ 便通の改善
1度・ 便通の改善
・ 坐剤の使用
2度・ 坐剤の使用(保存的療法)
・ 出血に対しては硬化療法(フェノールアーモンド油)
・ ゴム輪結紮療法
3度・ 根本的手術療法
・ ジオン注(脱出性の内痔核にのみ適応)
4度・ 根本的手術療法

※痔核の治療の基本は、「生活習慣の改善、座薬、服用薬、排便管理」などによる保存的療法。

※脱肛(Ⅲ度、Ⅳ度)は手術適応。
ただし、痔核は良性の疾患なので、脱肛を気にしない場合には 必ずしも手術はしなくてもよいそうです。
手術をするかしないかは患者次第ということです。

血栓性外痔核の治療方法

血栓の中身は血液なので、保存的療法(軟膏、入浴等)で、徐々に血栓は吸収され1ヶ月もすれば治るとの専門医のお話。

血栓が大きい場合や早く治したい場合には、肛門科の外来にて、局所麻酔をして血栓部分を切開して血栓を除去ということもできるそうです。