裂肛(切れ痔)の症状と治療方法

スポンサーリンク

裂肛(切れ痔)は、肛門上皮(歯状線から下側にある皮膚)が切れたり、裂けたりしてできた外傷のこと。

裂肛は、切れ痔とも呼ばれます。

一般的には、便秘傾向のある女性に多いと言われていますが、意外と男性が患う頻度も多く、男女比は2対3とお話されている専門医もいます。

肛門上皮

肛門上皮は、直腸から内容物が下降してくると、それが固形便か液状便か、あるいはガスかを識別して、内容物を排出するか、留めておくかの調整をするために、知覚神経が張り巡らされています。

切れ痔の症状と発生箇所

切れ痔は、直腸部分にできる内痔核とは違い、知覚神経が発達している肛門管にできるため激しい痛みが伴います。

肛門の外傷ともいえる切れ痔の一番の原因は、便秘などによる硬い便です。
硬い便が肛門管を通るときに、肛門上皮を傷つけます。

症状では、痛みと出血が圧倒的に多く、慢性化すると肛門ポリープや見張りイボ(皮膚の突起)ができたり、肛門が狭くなっったり、分泌液で肛門周辺がべとついたりということにもなります。

切れ痔の場合の出血の量は、人によって違うそうですが、多くは排便時におしりを拭いたティッシュに血が滲む程度ということです。

切れ痔の発生部位の比率
  • 肛門の後方~60%
  • 肛門の前方~20%
  • 前後両方~10%

切れ痔の病状

裂肛(切れ痔)の分類

裂肛どんな状態か
急性期・ 肛門上皮が切れた状態。
・ 傷が小さくても痛みは強い。
・ 肛門上皮は血流が豊富ではないので出血量は少ない。
慢性期・ 傷口の周囲が盛り上がり、潰瘍化する。(肛門潰瘍)
・ 肛門ポリープや見張りイボができたりする。
・ さらに悪化すると肛門が狭くなる。(肛門狭窄)

※切れ痔の急性期の1週間は、薬を使いながら、便通の改善(便を軟らかくする)をして、おしりに負担のかかることは避け、安静を保つと症状が改善しやすくなります。

※切れ痔が慢性期になると、潰瘍化して鋭い痛みも軽くなります。出血も時々あり痛みも伴います。そして、便が細くなり、肛門ポリープ、見張りイボ、さらに肛門狭窄になります。

切れ痔の治療方法

保存的療法

切れ痔の治療の基本は、保存的療法。

切れ痔は、早い段階で便通を改善して(便が硬ければ、軟便剤などを服用して便を軟らかくする)、内服薬や坐剤、軟膏類等を適且使って集中的に治療することがポイント。

外用薬である坐薬、軟膏類を1日2回(排便後、就寝前)に使う。

手術療法

根治手術は、あくまで保存的療法では治りにくいもの、肛門狭窄、肛門ポリープ、見張りいぼが生じたときにのみの適応となるそうです。