肛門の病変の位置は、肛門を時計の文字盤にみたてて現される

スポンサーリンク

肛門科を受診すると、診察後に先生が紙に“丸”○(←肛門)を書いて、「1時のここに大きめの内痔核がある… etc」などと説明してくださいます。

これは、肛門の病変の位置を、肛門(直腸)を時計の文字盤にみたてて表示されるからです。

私が初めて地元の肛門科を受診したときも、診察後の説明時に、先生がサラッと紙に○を書いて「1時のここに~」と説明を受けました。

先生には日常的な初歩の初歩のことでも、肛門科が初受診の私には、そんな初歩的なことも知らず「1時?? えっ?? えっ?? どっちが右足側??」となりました。

 ということがあったので、肛門を時計表示にして略図にしてみました。
「9時って??右足側?左足側?」と迷いが生じた時にチラッとご覧くださーい。

肛門を時計の文字盤表示にする(医師の目線から見たとき)

  • 12時 … お腹
  •  3時 … 左足横
  •  6時 … 背中
  •  9時 … 右足横